読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanauta 乳がん日記

2013年5月、38歳でステージ2aのトリプルネガティブ乳がん発覚、術前FEC+ドセ、手術、放射線治療が終わって現在経過観察中。東京に戻って仕事復帰しました。

検査結果と手術の説明

今日は先週の検査結果と手術の説明を聞いてきました。造影CTでは9ミリ、エコーでは1.5センチというのは前回聞いていた通りで、造影MRIの結果は2センチでした。ちょっとちょっと、大きいじゃないですか。なんでこんなに誤差あるのー。(T^T)
エコーでは輪郭がぼんやりしてきていて、正確な病変の範囲はやはりMRIが正しいそうなので、抗がん剤の効果は3センチ→2センチの縮小で確定。…小さくなってるから…良しと…しよう…あぁ、残念…。いや、全く効かなくて大きくなってしまうこともあるんだし、普通に効いてくれたんだから良しとしないとね。
手術は温存でやることになりました。4センチ弱切るので、変形はしますよと。でしょうね…貧乳ですもの、しゃーない。数年経って、再発の心配がなくなって、形が気になるようだったら再建することもできるそうです。再建できるんだ!でもどうやって?φ(=_= )ハテ?
どれくらい変形しちゃうのか、現時点では想像つかなくて分からないですが、明らかに変形してるのがわかるようなら、方法があるのなら再建したいかも…。だって傷を見るたびに思い出しちゃうだろうから、できるなら元通りに、元通りが無理でも元に近い状態にしたいな。こんなの、命が助かるだけでもいいって思ってたはずなのに贅沢な悩みですな。( ̄▽ ̄;)
手術の同意書には「サブタイプはトリプルネガティブといって悪性度の高いタイプです。」と書いてありました。そうそう、タチの悪いがんなんだよね。謙虚にいこう。先生(/。'(ェ)')よろしクマ!