読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanauta 乳がん日記

2013年5月、38歳でステージ2aのトリプルネガティブ乳がん発覚、術前FEC+ドセ、手術、放射線治療が終わって現在経過観察中。東京に戻って仕事復帰しました。

手術終わりました!

昨日、無事手術終わりました!
朝イチの手術で8時に自分で歩いて手術室に入りました。手術前はほんとに緊張して(;´Д`)ドキドキ無駄に体温や心拍数、血圧全部上がってました。手術台で手の甲に点滴され、痛み止めと眠くなる薬入ったとこでもう記憶ありません。9時に手術開始、11時半くらいには終わったみたいです。
「終わりましたよー」って声をかけられて目が覚めました。ほんとに一瞬でした!夢も見ずよく寝たなーって感じで、気が利いたことでも言いたかったんですが、麻酔の影響か吐き気があり、第一声は「気持ち悪い…」(;´Д`)それもガラガラのダミ声で。人口呼吸器外すときに喉が傷ついてしまったようです。点滴で吐き気止め入れてもらって落ち着いたんですが、気遣ってかけてくれてる布団が暑くて暑くて、第二声は「暑い…」(;´Д`)
そんなこんなで病室に戻りました。両親が付き添ってくれてたんですが、切り取った私の腫瘍をスライスしたホルマリン漬けの状態で見せられて手術の結果を聞いたそうです。
病室に戻ったあと、まだ麻酔の影響で朦朧として寝たり起きたりで、少し息苦しくて数時間は酸素マスクしてました。しばらくして親から手術の結果を聞きました。センチネルリンパ節生検の結果、リンパに転移はなく、4×2センチくらい切り取った腫瘍でガンは残さず取りきれたそうです!えがった!!
夕方、意識がハッキリしてきて暑かったんで酸素マスクは自分で取ってしまい、16時には尿道管、心臓モニターを取ってもらって自力でトイレまで歩けるようになりました。普通は麻酔から完全に覚めるの24時間くらいかかるそうで、看護師さんにめちゃめちゃ早いです!って言われました。だって夜寝る前までに歩けるようになっておきたかったんですよね。身動き取れないまま寝ると腰痛必須だろうと思って…。
夜ゴハンからもう常食になり、抗生剤の点滴が終わって針も抜いてもらい、体は完全フリー!( ´ ▽ ` )ノ…とはいえ傷は痛いので腰痛フリーとはいかず、あっ腰痛いと思ったら患側をかばいつつ逆側に寝返りうつ感じでどうにか寝ました。
今日は昨日より元気です!傷を初めて自分で見ましたが、乳輪に沿って3~4センチくらい切られてるかな?あと脇を2センチくらい。血を出すためのドレーンは刺さってないみたい。全体的にうっすら青くなってます。今は腫れて固くなっていて欠損が分からないけど、落ち着いてくると凹んでくるらしいです。(´;ω;`)
ともかく予定通り無事に済んで良かったです。昨日も今日も、当たり前に過ぎてくことが嬉しいです。主治医、看護師さん、ずっと付き添ってくれていた両親、心配してくれてる友人、このブログを見てくださっている皆さん、全てに感謝です!